新着記事

注目記事

  • 「住民の同意」が阻むエボラ出血熱の検査 池田 信夫 エボラ出血熱の患者は、アフリカからアメリカに広がり、日本でも検疫体制が強化された。このウイルスは患者の体液を体内に入れないと感染しないので、先進国ではそれほど恐れる必要はないとされるが、今のところ完全な治療法がない。さらに問題なのは、日本ではこれを検査す...
  • G型L型大学の区分に全面的に賛成する 大石 哲之 L型大学G型大学が批判されているが、なぜ批判されるのかさっぱりわからない。批判の多くは、何年か使えるかわからないツールの勉強をしても意味が無い、(日本の将来のためにも)本質的に考える力や、問題を発見して未来を切り開く力や、イノベーションを生み出す力を育成す...
  • 再増税慎重論・反対論に問われる説明責任 土居 丈朗  消費税率を予定通り来年10月に10%に引き上げるか否か、安倍晋三首相は年内に最終判断を下すという。ここにきて、再増税に慎重な意見、そもそも反対の意見が出ていて、再増税することは白紙であるかのごとく、主張している。再増税をするなら、国民に納得のいく説明が必要...
  • 日本を今も助け続ける杉原千畝氏の勇気とユダヤ人脈 石井 孝明 あるユダヤ人男性のセンチメンタルジャーニーと安倍首相 私はエネルギー・金融問題を中心に取材を重ねてきた記者だ。そして素人ながら軍事、諜報、外交史の文献を読むのが趣味で、その方面での執筆も始めている。毎日の情報洪水の中で、不思議な人のつながりを見たので、紹...
  • 「金は残すな! 自分で使え」バブル世代の新バイブル誕生? 内藤 忍 読みながら、思わず笑ってしまうファッション雑誌を発見しました。やんちゃジジイのための「マデュロ(Maduro)」です。創刊号の33ページの登場人物の説明を読んでいるとホイチョイプロダクションの名作「見栄講座」を思い出しました。 やんちゃジジイ、略して「やんジー」...
  • 成熟産業としての経済学 - 『ミクロ経済学の力』 池田 信夫 ミクロ経済学の力神取 道宏日本評論社★★★★☆
  • 大衆向けと富裕層向けのマーケティング戦略はここが違う 岡本 裕明 最近話題にならなくなったガジェットで思いつくのはリストウォッチ型のITディバイスでしょうか? サムスンが初期マーケティングをしましたが、その前後には多数の企業が同事業に参入、半年後には乱戦状態でどこの会社が何を売っているのか、フォローするのも大変な状態でし...
  • ノリミツ・オオニシ記者はNYTの吉田清治 池田 信夫 朝日新聞は吉田清治についての誤報を謝罪したが、NYタイムズのオオニシ記者は、彼自身が吉田なみの詐話師である。特に世界に大きな影響を与えたのは、「安倍首相の発言は元慰安婦の傷口を広げる」という2007年3月8日の1面トップの記事だ。
  • 相手が喜ぶポイントを瞬時に見抜く 尾藤 克之 最近、芸能人の子役の台頭、ミュージカル人気の影響もあって、自分の子供を幼い頃から劇団に入れる親が増えていると聞きます。ミュージカル・アニーは子供ミュージカルの最高峰ですが、昨年は約9000名の応募者があり最終合格者は28名でした。合格率は0.3%程度です。。
  • キャリアデザインの一環としてのAV女優 城 繁幸 今週のメルマガの前半部の紹介です。先日、なんと日経の記者がAVに出演していたとの記事を週刊文春がスッパ抜き、大きな話題となりました。それも、単体作品で10本(一説にはトータルで70本!)というのだから、それなりに有名な売れっ子女優と言っていいでしょう(文春報道...

アゴラチャンネル

【アゴラVlog】朝日新聞世紀の大誤報 慰安婦問題の深層

【アゴラVlog】今週のアゴラ ヒューマノイドと不気味の谷

アゴラチャンネル GEPR iPhoneやiPadでアゴラが読めるiOSアプリ Truth about Japan 週刊アゴラ
アゴラチャンネル

投稿のしかた

投稿は、原稿をテキストファイルで添付してシステム管理者まで電子メールでお送りください。詳細はこちら

メンバーも募集しています。個人ブログの記事を投稿していただいてもかまいません。氏名・職業を明記し、これまでに書いた記事を添えてシステム管理者まで。

記事検索

更新通知

ページビュー

アゴラのツイッター@agora_japan

@agora_japan