新着記事

注目記事

  • 朝日の廃刊は時間の問題 渡辺 龍太 こんにちは。フリーニュースディレクターの渡辺龍太です。今日は、日韓をギクシャクさせている慰安婦問題のきっかけとなった朝日新聞の記事が、事実ではなかったと朝日が誤りを認めたというニュースについて考えてみます。 池田信夫氏は、朝日新聞が誤報を今まで認めてこな...
  • 敢えて朝日新聞を擁護する 山城 良雄 ワシの「アエヨウ」シリーズも、何作目になるんかな。韓国の船長、ヤジの都議会議員……大きく言うたらSTAP関係も含まれるわな。そやけど、擁護されたヤツの名誉回復率は0%。かばってるのか、ホメ殺しでとどめを刺しに行ってるのかわからん。頼むから黙っててくれ、という声...
  • 慰安婦問題は朝日・福島・吉見の共同制作 池田 信夫 訴訟との関係は重要な論点なので、細かいことだが確認しておく。「元従軍慰安婦・金学順さん(手紙 女たちの太平洋戦争)」という1991年12月25日の朝日新聞朝刊の記事で、植村隆記者は、彼女の証言としてこう書いている。
  • 朝日新聞は原発事故報道も誤りを認めよ 石井 孝明 「福島で健康被害はない」事実を伝えるべき 朝日新聞が慰安婦報道で自社の報道の誤りを認めた。朝日新聞の報道は、福島の放射能、原発問題についてもミスリードを繰り返している。従軍慰安婦報道をめぐる謝罪も大切だ。しかし70年前の外国の気の毒な売春婦に関心を向ける前...
  • シティバンク日本撤退からわかる、金融商品だけの資産運用の限界 内藤 忍 日本経済新聞の報道によれば、米シティグループが日本国内の個人向け銀行業務を売却する方針を固めたそうです。 富裕層を対象とし、グローバルに業務を展開する個人向け金融では、スタンダード・チャータードも日本撤退、HSBCの個人金融部門も日本撤退。日本国内では、この...
  • 慰安婦問題はいかにして脱線したか 池田 信夫 最初は一人の元軍人のホラにすぎなかった「慰安婦狩り」の話が、日韓関係を破壊する大事件に発展した原因は、関係者の誰も意図しなかった手違いが重なって起こった競合脱線のようなものだ。この事情は複雑で、細かく説明するとかえって全体像が見えないので、一目でわかるチ...
  • シリア邦人拘束事件と馬脚を表した田母神俊雄 站谷 幸一 シリアで民間軍事会社『PMC』経営者のA氏がイスラム武装組織ISISに捕縛された。無事な開放を切に祈るしかないが、今回の事件は、現状までの情報をまとめると、行動力だけ一万倍の素人が捕まったとしか言いようがない。同時に、今回の事件は、田母神俊雄氏が軍人ではなく「小...
  • 福島みずほ氏にネトウヨが質問すべきだったこと 池田 信夫 8月15日の「憲法BAR」にネトウヨが乱入して、福島みずほ氏に突撃インタビューしたのはいいのだが、「済州島で調査したのか?」と見当はずれな質問をしたので、彼女は「してません」と答えて終わってしまった。慰安婦訴訟の火付け役だった福島氏は、いまだにこの問題について...
  • 偽善の朝日新聞に「女性の人権」を説く資格なし 梶井 彩子 朝日新聞の「慰安婦報道検証」記事を見て何より驚いたのは、二日に渡り、四面を使って検証を展開したにもかかわらず「謝罪」の二文字が一切書かれていないことだった。 朝日新聞は虚偽を世界的に宣伝し、そのことによって(現在と過去を含めた大勢の)日本人がどれだけの不...
  • 朝日新聞が逆に入れた「システム1」のスイッチ 池田 信夫 朝日の慰安婦報道と原発報道がよく似ているのは偶然ではない。どちらも大きな失敗の経験――丸山眞男のいう悔恨――から出発しているからだ。戦争に負けたとき、朝日は自分の罪が追及されるのを恐れて絶対平和主義に転向し、3・11のあと原発推進派だった責任の追及を恐れて「...

言論アリーナ

20140826 慰安婦問題をどう解決するか〜朝日新聞の大誤報で見えた糸口〜片山さつき×長田達治×池田信夫

20140820 日本型リベラルは死んだのか?〜真夏の政界展望大放談〜 鈴木寛×池田信夫×新田哲史

言論アリーナ Youtubeチャンネル GEPR iPhoneやiPadでアゴラが読めるiOSアプリ BLOGOS 週刊アゴラ
映像コンテンツ 言論アリーナ

投稿のしかた

投稿は、原稿をテキストファイルで添付してシステム管理者まで電子メールでお送りください。詳細はこちら

メンバーも募集しています。個人ブログの記事を投稿していただいてもかまいません。氏名・職業を明記し、これまでに書いた記事を添えてシステム管理者まで。

記事検索

更新通知

  Add to Google

ページビュー

アゴラのツイッター@agora_japan

@agora_japan